ハウ・マッチ引越価格

gr (1)

年が明けると新生活に向けての引越しを考える時期となります。実際に1月の中頃から格段に見積もりサイトの依頼件数が増えるのです。引っ越しするのは3月だからまだ先、、、なんて思っているとやっかいなことになるかもしれません。

 

 

引越しの集中期の3月・4月にはそれこそ業者の手配が難しいくらいに依頼が殺到するのです。大手引越し会社はどこでもこの時期、大量の仕事をアルバイトなどの臨時作業員を増員してさばきます。ですので、多少の費用の値上げをしたとしても、新生活のために必ず引越さなければならないのがこの時期のお客さんですので足元を見てくる?と言うと悪く聞こえるかもしれませんが、それほど的外れのことでもありません。

 

 

なるべく早めに業者の手配を済ませてしまった方が良いでしょう。そのためには見積もり一括サイトの活用をオススメいたします。

 

 

引越し料金はどのようにして決まるの?

引っ越し料金は、引っ越し業者によって大きく差が開きます。各社それぞれどのように引っ越し料金を算出しているのでしょうか。それは、発送住所から荷受け住所までの距離と輸送方法、マンションやアパートなら、何階から何階への引っ越しなのか、作業員は何名必要なのか、荷造りや荷解きは個人がやるのか、引っ越し業者がやるのか、荷物の量がどれだけなのか、エアコンの取付や取外しなどオプションを必要としているのかどうかなど細かく見て算出しています。

gr (98)

それに加えて引っ越したい日時は、繁忙期なのかそれともスケジュールが空いている時期なのかも加味されて決定します。同じように見積もりを依頼しても、業者が必要だと思う引っ越し作業員の数も違いますし、同じ距離の輸送でも、トラック輸送だったりコンテナ輸送だったりと輸送方法でも異なります。

 

 

また、同じ荷物の量を伝えても、このトラックの大きさに入るでしょうという見積もりもあれば、入らないのでもっと大きいトラックになりますなど、違いが生じます。料金を算出された後に価格交渉をすれば安くしてくれる業者もいますし、1日の日程の中で業者が空いている時間を利用して引越し 大阪 神戸間の引っ越しなどの近距離県外を格安でできる場合もあります。

このようなことから引越し業者間はもちろん、同じところであっても料金が大きく変わってきたりするのです。